ホーム > トピックス

考えよう「新人事制度」

賃金体系は将来にかかわる大切な問題です

 余りにも「不公平」で「勝手」な銀行提案


  2016年12月20日、銀行は「人事制度改定の骨子」を提案しました。その前文「提案理由」を見ると、「一部集団の利益」と「多くの従業員犠牲」の枠組みが明らかです。

 提案を受け、多くの方が試算されたと思います。新たな調整手当発生で、少なくない方の臨給は減少します。

 私たちは、課店長の待遇や制度の改善に反対すするものではありません。ただ、余りにも不公平で勝手な銀行提案だと考えます。


長年にわたって構築されてきた

 滋賀銀行の「賃金テーブル」を根こそぎ取り崩すもの


 提案では、定期昇級「ゼロ」スタートとし定期昇給を実質廃止し考課マーク化します。

 「追いつき資金」の廃止加えて「昇級の下支え」も廃止されるので、新入時の賃金水準が定年まで変わらないことも可能にするという、まさに脅迫的人事制度であり許容の域を超えています。

 これは、長年にわたって労使が合意してきた「賃金テーブル」を根こそぎ取り崩すものです。


階段を壊して、ロープを下げるような

 人事制度の「仕組み」は職場の調和を壊します。

 

 提案を見て、多くの方が持たれたのが「普通の働き方」を否定する仕組みへの不安です。

 労使が合意形成してきた将来への「すべての階段」をなくするという内容です。替わりに「個人評価」によるロープが下げられたようなものです。

 理由なく賃金の引き下げができないので「調整手当」で補てんされますが、今後の定昇などを帳消しにする「ブラックホール」です。また、過去の調整手当で思い知らされたように臨給には「ハネ」ませんので臨給はその分だけ減少するので年間賃金の削減になります。


みんなでよく考えて、よく議論して、

 働きがいのある人事制度を求めよう!


 「自分はガンバル!」「頑張れば報われる!」と考える方も、同様の制度が入っている会社に友人おられたら、ぜひ実際の声を聴いてください。

 これからの長い人生の大半を過ごす職場が、同期や同僚との「椅子取りレース」、これでいいのでしょうか?これが企業の持続的発展の補償につながるのでしょうか?

 私たちは「今だけ」「自分たちだけ」が良ければとは思っていません。この職場で生きがいを持って働き、家族とともに滋賀銀行を愛し続けられることを望むものです。

back to top