ホーム > トピックス

「体系変更」団交トピックス №02

以下は4月に開催された「体系変更」の団体交渉での労使の主張を報じる組合ニュースの見出しです。


<団体交渉 201745日>

 4月5日、人事制度改定提案にかかる第5回目の団体交渉が開催されました。交渉のはじめに前回までの団体交渉において、組合が質した基本給の改定について、銀行の検討結果について説明を求めた。銀行は、交渉が多岐に渡る内容であり、項目別に検討結果を示すのでなく、意見は考え方を踏まえながら継続的に部内で検討しており、提案と対比し、全体の仕組みについて見解を示したいとしました。

 今回の交渉では、資格手当、職能区分などを中心に組合の見解を述べ、修正を求めました。

 

交渉の進め方「協議終了後に検討結果を提示」で合意、労使双方の考え方を並べて真摯に進めたい・・・銀行

資格手当「体系変更の提案趣旨」と違和感・・・組合

時代背景と「経営としてのメッセージ」・・・銀行

個人の努力で給料が上がる要素との認識・・・銀行

資格取得奨励は手当でなく、中身で設計を・・・組合

活躍している人は、基礎能力を高めている人。資格手当で、今以上に増やすことができる・・・銀行

資格取得の必要性は分かるが手当の問題は別、試験合格と仕事評価で統率の難しさが出る・・・組合

職能区分「総合職と特定職」の概念と性格が変質、地道に働き続けたい人を、塩漬けする提案・・・組合

企業として最適な修正と運用を考える・・・銀行

銀行の態度見える格差拡大の「制度を離れた運用」椅子が賃金を決める「役割給」の説明を・・・組合

コース別「特定職選択」の事情・人生観を持つ人に対応できる「職能区分改定」の再検討を・・・組合

「3級主任」の水準では満足されないのか・・・銀行

 

 

 <団体交渉 2017413日>

 4月13日、人事制度改定提案にかかる第6回目の団体交渉が開催されました。今回の団交では、「職能区分の改定」、「自動昇級の廃止」、「職位および職務手当等の改定」について組合の意見を述べ、銀行提案の抜本的な修正を求めました。

なお、前回(4月5日)の団体交渉の最後に、職能区分の改定について「総合職と特定職」の概念と性格が変質により、「地道に働き続けたい人」を塩漬けする提案であり、コース別「特定職選択」の事情・人生観を持つ人に対応できる「職能区分改定」への再検討を求めました。

 

人件費を削減する意図がないなら、調整手当の出ないラインを最低にすべき・・・組合

調整手当を55歳まで支給で担保をした・・・銀行

これからの30年「付加価値の高い部分を行員が担当」「事務をコツコツやる仕事」なくなる・・・銀行

落差の大きさを指摘、あるべき姿がこれだと言う根拠、金額との連動で、数字的に説明をすべき・・・組合

2千数百人の制度移行に無理があるのは承知、単体で生き残る議論の結果がこの制度・・・銀行

労使で積み上げた賃金体系を簡単に反故にするな!減らす目的でないならそのような提案を・・・組合

自動的に上がる部分が「今より下がる」のは事実、提案では「制度設計上の最高」が必ず出る・・・銀行

その時「戻って頑張ろうと思う気持」が持てる制度に入行時は誰もが上位職位を目指している・・・組合

今までよりは遙かに追いつきやすい制度・・・銀行働き方に合わせた生活保障の提示をすべき・・・組合

8級「一般行員」が可能な現行制度の意味・・・組合

制度上はあるが、10年間運用はない・・・銀行

銀行のためにも「閉ざさず」もう少し深い議論が必要。人生観の違い 制度で、その芽を摘むな!・・・組合

管理職になりたくないなら「3級主任」で・・・銀行

特定職で選べる、幅を持った議論が必要・・・組合

定年時「年収500万円」は現行比低い・・・組合

700万円を払い続けられるかを勘案した・・・銀行

人件費を減らすためでないなら現状保障を・・・組合

ワーク・ライフ・バランスのイベント終わったら、元に戻って頑張ってもらいたい・・・銀行

先発モデルが地域労働者に与える影響と企業責任、最低保証の引下げは企業の存在感に影響・・・組合

「自動昇級の全面廃止」は再検討・・・銀行

職務手当の運用幅の拡大で(店長の実質の幅2倍に)、「役割」・「職責」を明確に反映したい・・・銀行

公平性の担保が「制度そのもの」が「キー」となる、役割給に問われる異動の透明性・合理性・・・組合

 

 

 <団体交渉2017420日>

従業員組合は、4月20日人事制度骨子提案問題で団体交渉を開催しました。4月13日の6回目の団交に続いて、7回目の団体交渉となり、資格手当と臨給の業績連動要素導入について銀行の考えを質し修正を迫りました。

 

自動昇級の廃止を再考せよ・・・組合

代理補手当から主任手当が半額整合性なし・・・組合

代理補と主任の「決裁の責任・重さは同じ」半額は認められない・・・組合

考課でなく多数が主任になる、手当は少なくした・・・銀行

代理補を否定し、個人の存在も否定!成り立つのか、制度改定で代理補がなくなる、論理的におかしい・・・組合

既存の制度を変更するのでなく、新しく提案した・・・銀行

代理補として本人のプライドや権限は無視、決裁の考え方を整理せよ・・・組合

課店長の職務手当の資金は全体の何%を占めるのか・・・組合

計算して発表させて貰う・・・銀行

臨給は生活給であり賃金の後払いの性格、業績連動は馴染まない・・・組合

業績連動は全体の20%、生活安定は入れた・・銀行

臨給カットいまだ元に戻っていない、まず元に戻すことが先決・・・組合

金融業界の業績連動は馴染まない、今なぜこの提案なのか・・・組合

最終利益数字に連動し、従業員にも分配すべきだと考えた・・・銀行

 

組合ニュースの見出しをそのまま転載しています。
back to top